速報情報サイト

日本の缶ビール技術が素晴らし過ぎると海外で大絶賛

グラフ

缶ビールと言えば何処の国でもありふれたお酒ではありますが、そんな中日本の缶ビールに注目が集まっております。一見我々が見ても何ら変哲もないように感じるこの缶ビールに、あまり多く語られていない驚くべき技術と、気遣いが盛り込まれているのです。さて外国人がきづいてしまったとんでもない技術とはいったい何であるというのか。

 


 

 

グラフ
さてまずこちらの缶ビール。良く見かけるあのプルタブをプシュッ!と爽快に開ければ喉越し最高のビールが飛び出す。いやちょっとまて、なぜそこまで簡単に開けることが出来るのか。あの蓋が簡単に開けることが出来る秘密とは何か、それは矢印にあるような小さなくぼみがあるからではないか。普段当たり前のように開けてきたこのビールの缶、実はこんな気遣いがあったとはあまり知られておりません。

 

しかし海外の人からすればもちろんそれは画期的「なんでおれたちの国のビールにはそれがないんだ」と嘆くほど。さらに目の見えない方への配慮としてて、点字がほどこされている点にも注目。ちなみにこの点字は訳すと「おさけ」と書かれている。

 

―海外の反応

 

・OSAKE?サケの缶詰なんですか?
・日本語でSAKEはお酒とシャケの意味があります。
・点字凄いわ
・点字の技術は凄い!これで盲目の人でもビールが飲める
・しかし素晴らしいアイディアだ。感動した
・これは日本の企業が既に特許取ってるね
・アメリカでやると日本の企業に特許料とられるわ
・少しへこますだけでお金取るとは
・俺は歯であけるわ
・アメリカにない理由は、我々の指のサイズじゃこんなくぼみ作ってみ意味がねえ。
グラフ
一昔前(昭和の時代)は、プルタブが分離するタイプでそれを集め車いすをプレゼントするなて言うボランティアが学校などでありましたが、今はあのタイプはもっぱらみかけなくなりました。

 

http://www.reddit.com/r/pics/comments/duego/til_the_japanese_have_superior_beer_can_technology/

 

(ライター:たまちゃん)

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。